1. ホーム >
  2. 四季の森幼稚園Q&A

四季の森幼稚園Q&A

幼稚園の一日と登降園について

幼稚園の時間帯はどうなっていますか。

徒歩の園児は午前8:40~9:00の間に登園します。降園は午後2:00です。バスコースは現在くじらバス、いるかバスの2台で運行中です。(今年度の詳しいコースは園バスコース紹介のページをご参照下さい。)

園に到着した園児は、朝の支度などをしてからクラスや園庭で楽しい遊びの時間が用意されています。子どもの大好きな遊具や山の滑り台、タイヤのブランコなど、子どもの運動遊びや興味関心を大切にした環境が整っています。

10時過ぎ頃からは各クラスの活動が展開され、学年の課題やクラスの楽しい時間を過ごします。

一日中遊んでいるのですか。

一日中遊んでいるわけではなく、クラス全体が皆で同じことを行うこともたくさんあります。しかし、先生が一方的に文字や数を教え込むといった見せ掛けだけのお勉強ではなく、クラス全体で行ったほうが価値のある活動、つまり集団でなければできないようなことを先生の計画によって、子どもの発達に合わせて行っています。例えば、飼育栽培活動やクラス全体でのリズム遊びや集団でのゲーム遊び、歌をうたうことや合奏など、ここでは紹介できないほどたくさんのことがあります。こうした内容については、毎月の指導についてのお手紙の中でお伝えしています。(詳しい1日の流れについては園の1日のページをご参照下さい。)

幼稚園はお弁当ですか。

毎日(月~金)お弁当です。希望すれば給食の申し込みができます。
給食の申し込みは 月~金の毎日行っています。
これは、子育て支援、つまりお弁当を作るのが大変な時などに、幼稚園がそのお手伝いをして、子育てがより楽しく安心してできるためのものです。
注文してもらった日だけお金をいただくシステムです。ランチボックスは子どもが日常使っているようなお弁当箱に入ってきます。
楽しみなお弁当として、大変おいしく、好評をいただいております。

幼稚園では預かり保育を行なっていますか。

保育が終わってからお子さんを迎えに来られないような場合のためと、子どもの楽しい遊びの延長を大切にした、パピークラブを行っています。保育終了後から最長5時まで実施しています。子どもにとって楽しい保育の内容を用意し、専門の資格を持った先生が家庭的な雰囲気の中で、安心して遊べるように配慮しています。

幼稚園の一年について

入園から一年の間にどのようなことがあるのですか。具体的に教えてください。

幼稚園にはたくさんの行事があります。まずは行事についての考え方から説明します。幼稚園の三大行事といわれる「運動会」「発表会」「作品展」は、父母の方々も大変楽しみにしている行事であります。これらの行事は見せるために子どもを訓練するのではなく、日頃から行っていることを行事を通して見てもらうものです。つまり、当日の晴れ舞台だけを大切にするのではなく、行事に向かっていく過程や行事後の子どもの遊びを大切にして、自信を持たせ、成長の助けにしようとするものです。ですから、でき具合や見栄えだけで評価するのではなく、一人ひとりの気持ちを読み取りながら育ちを認めていく必要があります。こうした行事は、日常の積み重ねの結果なのです。

その他の行事は、幼稚園の時期にしかできないような親子のふれあいを大切にしたものを考えています。簡単に羅列していきますと次のようなものです。

一年間楽しい行事が盛りだくさん!
4月
  • 入園式
  • 保護者懇談会
  • 年長組遠足
5月
  • 親子会
  • 個人面談
6月
  • じゃがいもほり
  • 親子会
  • 内科検診
  • 歯科検診
7月
  • 年長組一泊保育
  • 夏季保育
8月
  • 夏祭り
9月
  • 保護者懇談会
  • 運動会(10月に行う年もあります)
10月
  • 遠足
  • 園外保育
  • レインボーフェア
11月
  • 秋のコンサート
  • さつまいもほりと焼き芋パーティー
12月
  • 発表会
  • もちつき大会
1月
  • たき火でごはんの日(カレー、シチュー作り体験)
2月
  • 豆まき
  • 年長組スケートの日(氷の上の経験をして楽しみます。)
  • 作品展(子どもの生活の中から生まれた1年間の作品などを見ていただきます。また、親子での製作や木工などを楽しんでいただきます。)
  • 個人面談
3月
  • 親子体操
  • 年長組お別れ遠足
  • お別れ会
  • 卒園式

以上、主な行事を紹介しましたが幼稚園の生活は行事によって作られるものではなく、日々の子ども自身の生活が最も大切なのです。四季の森幼稚園の行事は日常の生活の中に変化を与えることによって、親子の楽しみが増し、子どもの成長の助けになるようにと考えています。

☆ 行事風景を年間行事のページにて一部掲載しています。

☆ これらの行事はここ数年のものです。その年によって時期や場所などの変更はあります。

3年保育について

3年保育に入れるかどうかを考えています。2年保育との違いを教えてください。

子どもは3歳を迎えるころから友達と一緒にいることの楽しさがかなりわかるようになってきます。つまり、自分から母親を離れて、友達を求めるようになってきます。このような子どもの気持ちを受けとめることができるのが3年保育の大きなメリットです。特に近年は子どもが減少しているために近所に遊べる同年齢の子どもがいなかったり、遊び場所も減少しています。幼稚園に来ることは、このように失われた環境を取り戻すことにもなります。

友達が欲しくなるということは、人とかかわる力の基礎がその子どもに育っているということです。ですから3歳の時に集団を経験した子どもは、友達を作ることがとても上手で、遊びやことばの内容も豊かに育ちます。

3年保育で入れたいのですが、おしっこを漏らしたり着替えもよくできません。入園して他の子についていけるか心配です。

先ず、他の子についていくという考え方は3歳児の中ではほとんど存在しません。なぜならば、一人ひとり皆違うのが当たり前だからです。早生まれのこどもにできないことが多いのも当たり前のことです。できないことを皆共通にできるようにすることだけが3年保育の目的ではありません。できないことがあればその子どものペースに合わせてできるようにしていきます。ですからおしっこや着替えなどができないからといって、3年保育が無理ということは全くありません。

このページのトップへ▲