1. ホーム >
  2. 幼稚園の方針

幼稚園の方針

平成元年4月にスタートした四季の森幼稚園は、21世紀を担うべく子どもたちの個性豊かで健やかな成長をお手伝いしています。子どもたちの心を大切にして、保育を実践しています。

保育目標

----------------------- 丈夫な身体ときれいな心を持った子どもを育てる -----------------------

---------------- 友達と一緒に生きいきと遊ぶことのできる子どもを育てる ----------------

保育上の留意点

子どもは生まれながらにして育つ力を持っています。しかしその度合いは子どもによって大きな差があります。
本園では先生たちが協力して以下のことを目標に取り組んでいます。

■ 子ども一人ひとりの個性や発達の状況をよく見極めて、各々の子どもに合った園生活の仕方を
  考えています。

■ 一人ひとりの子どもの長所を伸ばすように心がけています。

■ 多くの仲間とふれ合い、生活を共にする中で、子どもたちが人への愛情や信頼感を持ち、自立心を
  身につけて自発的に生きいきと行動できるよう配慮しています。

■ けじめのある生活態度を重視しています。特に挨拶や返事は自然に自分から出来るようになるまで
  一人ひとり指導していきます。

■ 興味や関心を持って、人の話をきちんと聞く時の子どもたちの目の輝きを大切にしています。

このページのトップへ▲